「クラシックの迷宮」カテゴリーアーカイブ

クラシックの迷宮

▽チェコのワルツ!ポルカ!2021年の幕開けに寄せて
2021年1月9日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

出演者ほか片山杜秀
楽曲「5つのプラハ・ワルツ」
ドボルザーク:作曲
(管弦楽)ロシア・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ドミトリー・ヤブロンスキー
(8分40秒)
<NAXOS 8.557352>

「ワルツとアレグロ」
ヴラニツキー:作曲
(演奏)ニーダーエスターライヒ・トンキュンストラー管弦楽団のメンバー
(2分42秒)
<ディヴェルティメント DIV31012>

「ベッティーナ・ポルカ」
スメタナ:作曲
(ピアノ)ヤン・ノヴォトニー
(3分40秒)
<日本コロムビア COCO-7205/11>

「バレエ音楽“ホンザ物語”から“悲しきワルツ”」
ネドバル:作曲
(管弦楽)プラハ室内管弦楽団
(5分19秒)
<日本コロムビア COCO-73330>

「バレエ音楽“この世で一番強い者”から“ワルツ”」
マルティヌー:作曲
(管弦楽)プラハ交響楽団、(指揮)イルジー・ビエロフラーヴェク
(7分28秒)
<日本コロムビア CO-3328>

「“室内オーケストラのための組曲”から“ヴァルス・ボストン”」
シュルホフ:作曲
(演奏)アムステルダム・エボニー・バンド、(指揮)ヴェルナー・ハーバース
(3分59秒)
<チャンネル・クラシックス CCS6994>

「バレエ音楽“シュパリチェク”から“シンデレラの舞踏会”“婚礼のポルカ”」
マルティヌー:作曲
(管弦楽)ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)チャールズ・マッケラス
(10分25秒)
<CONIFER 74321 17919 2>

「ビア樽ポルカ」
ヴェイヴォダ:作曲
(管弦楽)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ヴァーツラフ・ノイマン
(3分12秒)
<日本コロムビア CO-4171>

「行進曲“剣士の入場”」
フチーク:作曲
(管弦楽)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ヴァーツラフ・ノイマン
(2分42秒)
<SUPRAPHON SU 3557-2 031>

クラシックの迷宮

▽わたしの試聴室
2020年12月19日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

出演者ほか片山杜秀
楽曲「映画音楽“続・夕陽のガンマン”から“続・夕陽のガンマン”」
エンニオ・モリコーネ:作曲
オリジナル・サウンドトラック
(2分38秒)
<ランブリング・レコード RBCP2814>

「映画音楽“宮廷料理人ヴァテール”から“声楽付きのサンフォニー”」
エンニオ・モリコーネ:作曲
(合唱)カマートン・ムジカ・ノーヴァ合唱団、(演奏)アッカデミア・ムジカーレ・イタリアーナ合奏団、(指揮)エンニオ・モリコーネ
(3分54秒)
<東芝EMI TOCE-55196>

「ディーノのための音」
エンニオ・モリコーネ:作曲
演奏者不詳
(7分05秒)
<VIRGIN 7-90996-2>

「THE MILKY WAY EXPRESS」
松本隆:作詞
筒美京平:作曲
萩田光雄:編曲
(歌)太田裕美
(0分23秒)
<SONY SSMS018>

「銀河急行に乗って」
松本隆:作詞
筒美京平:作曲
萩田光雄:編曲
(歌)太田裕美
(3分48秒)
<SONY SSMS018>

「広島の犠牲者に捧げる哀歌」
ペンデレツキ:作曲
(管弦楽)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)クシシュトフ・ペンデレツキ
(8分56秒)
<LPO LPO-0116>

「雨が空から降れば」
別役実:作詞
小室等:作曲
青木望:編曲
(歌)小室等
(1分52秒)
<KING NKCD8054>

「空と海の子守歌」
別役実:作詞
池辺晋一郎:作曲
(歌)堺正章
(2分15秒)
<~みんなのうた 1977年放送~>

「空にはお月さま」
別役実:作詞
宇野誠一郎:作曲
(歌)星野美樹子
(2分15秒)
<~みんなのうた 1977年放送~>

「“アリア”(“マタイ受難曲”から“わが心よ、おのれをきよめよ”による)」
あかね:作詞
バッハ:作曲
パスカルズ&三木黄太:編曲
(歌・演奏)パスカルズ
(4分23秒)
<Office Rocketta PASK-0007>

「バッハの“フーガの技法”による“対位法組曲”から第4曲“第3フーガ”」
ヤン・クレンツ:編曲
(管弦楽)カトヴィツェ・ポーランド国立放送交響楽団、(指揮)ヤン・クレンツ
(8分19秒)
<ポーランド国立放送 PRCD 144-5>

「“ゴールトベルク変奏曲”から アリア・ダ・カーポ」
バッハ:作曲
(ピアノ)ピーター・ゼルキン
(2分26秒)
<BMG BVCC-37661>

クラシックの迷宮

▽ベートーベンとルドルフ大公~ベートーベン 生誕250年~
2020年12月12日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

出演者ほか片山杜秀
楽曲「ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a “告別” から 第1楽章“告別”」
ベートーベン:作曲
(ピアノ)ルドルフ・ブッフビンダー
(6分43秒)
<SONY SICC1551>

「ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97 “大公” から 第1楽章」
ベートーベン:作曲
(演奏)トリオ・ヴァンダラー
(12分45秒)
<harmonia mundi HMC902100.03>

「七重奏曲 ホ短調 から 第5楽章」
ルドルフ大公:作曲
(演奏)コンソルティウム・クラシクム
(4分33秒)
<ORFEO C 182 891 A>

「ミサ・ソレムニス 二長調 作品123 から クレド(“処女マリアから”の部分)」
ベートーベン:作曲
(ソプラノ)アン・ヘレン・モーエン、(アルト)ロクサーナ・コンスタンティネスク、(テノール)ジェイムズ・ギルクリスト、(バス)ベンジャミン・ベヴァン、(合唱&管弦楽)バッハ・コレギウム・ジャパン、(指揮)鈴木雅明
(4分54秒)
<BIS BIS-2321>

「ミサ・ソレムニス 作品123 から アニュス・デイ(“われらに平安を与えたまえ”の部分)」
ベートーベン:作曲
(ソプラノ)ローラ・エイキン、(アルト)ベルナルダ・フィンク、(テノール)ヨハネス・クーム、(バス)ルーベン・ドローレ、(合唱)アルノルト・シェーンベルク合唱団、(管弦楽)ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、(指揮)ニコラウス・アーノンクール
(8分35秒)
<SONY SICC30279>

「ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a “告別”から 第3楽章“再会”」
ベートーベン:作曲
(ピアノ)アンドラーシュ・シフ
(6分08秒)
<ECM UCCE-2068>

クラシックの迷宮

▽近代チェコの隠れた巨匠~ノヴァーク 生誕150年~
2020年12月5日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

出演者ほか片山杜秀
楽曲「ピアノ協奏曲 ホ短調 第3楽章」
ノヴァーク:作曲
(ピアノ)ヤン・バルトシュ、(管弦楽)プラハ放送交響楽団、(指揮)ヤクブ・フルシャ
(8分55秒)
<SUPRAPHON SU4284-2>

「8つの夜想曲 作品39 から 第6曲“夜の旅”」
ノヴァーク:作曲
(ソプラノ)ダニエラ・ストラコヴァー、(管弦楽)カールスバード交響楽団、(指揮)ダグラス・ボストック
(3分17秒)
<CLASSICO CLASSCD 191>

「海洋幻想曲“嵐” 作品42 から 後半の一部」
ノヴァーク:作曲
マストの上の若者…(ソプラノ)ヤルミラ・スミチコヴァー、マストの下の若者…(テノール)フランティシェク・リヴォラ、キャビンのメイド…(ソプラノ)ナジェシュダ・クニプロヴァー、船長…(バス)リハルド・ノヴァーク、(合唱&管弦楽)チェコ・フィルハーモニー合唱団&管弦楽団、(指揮)ズデニエク・コシュラー
(5分00秒)
<SUPRAPHON SU 3088-2 211>

「バレエ・パントマイム“ニコティナ” から “夏の館のハバネラ”」
ノヴァーク:作曲
(管弦楽)ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)フランチシェク・イーレク
(3分16秒)
<日本コロムビア 33CO-2198>

「“南ボヘミア組曲 作品64” から 第3曲“フス教徒の行進”」
ノヴァーク:作曲
(管弦楽)ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)ヤロスラフ・ヴォーゲル
(6分38秒)
<ULTRAPHON 11 1873-2 011>

「交響詩“深き淵から” 作品67」
ノヴァーク:作曲
(管弦楽)BBCフィルハーモニック、(指揮)リボル・ペシェク
(23分19秒)
<CHANDOS CHAN 9821>

クラシックの迷宮

▽黛敏郎の歌劇「金閣寺」~三島由紀夫 没後50年~
2020年11月28日(土) 午後9:00~午後10:00(60分)

出演者ほか片山杜秀
楽曲「歌劇“金閣寺”(抜粋版) ※原作:三島由紀夫」
黛敏郎:作曲
溝口…(バス・バリトン)宮原昭吾、女…(ソプラノ)中村邦子、柏木…(リリック・テノール)中村健、父…(ハイ・バリトン)山田茂、母…(ソプラノ)乗松美代子、有為子…(アルト)松尾地恵子、道詮和尚…(バス)村本和修、鶴川…(ハイ・バリトン)酒井義長、(語り)清水紘治、(合唱)日本プロ合唱団連合、(合唱指揮)田中信昭、(管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)岩城宏之
(55分20秒)
<~NHKのアーカイブスから~ ※1982年10月18日東京文化会館でのライヴ録音>